医療脱毛って?

医療脱毛って?

医療脱毛とは、医療機関で行なわれる脱毛のことです。皮膚科や美容クリニックなどで行なわれている脱毛の事で、必ず医師が居るのが特徴です。エステや脱毛サロンでは医師は居ませんし、医療提携している病院はあっても直ぐに医師の処置ができるわけではありません。
医療機関では医療行為が行なえるため、出力の高いレーザー脱毛器や、針脱毛を利用することができます。これらは永久脱毛と言える効果が期待できるもので、使われている器具は厚生労働省が認可した安全性の高いものです。出力が高いという事はそれだけ火傷の危険性があり、医療知識がある医師が在籍している事が前提となります。必ずしも医師が脱毛行為を行なう分けでは無く、看護師が処理する事も多いのですが、医療行為は医師の指示が無ければ行なう事は出来ません。
医療用のレーザーは出力が高く、毛根にしっかりとダメージを与え、細胞を破壊できます。針脱毛も毛穴に針を刺し、電気を流してしっかりと毛根を処理できます。これらはエステの脱毛と比べると痛みが強いのですが、医師が居れば麻酔が利用できるメリットもあり、痛みを軽減できます。針脱毛は毛穴の1つ1つに刺すことができ、毛を薄くしたり、ヒゲをデザインする事も可能です。